修学旅行のバス、手配忘れる 辞職覚悟した新人を救った校長の手紙

有料会員記事

若松真平
[PR]

 40年近く前の1983年、室田善弘さん(61)は大手旅行会社の新入社員だった。

 この年の10月、都内の公立中学校の修学旅行に同行。

 同僚と2人で添乗員を務め、自分がチーフを任されていた。

 行き先は定番の京都・奈良で、2泊3日の行程。初日は二条城金閣寺などを巡る予定だった。

 京都へは、東京駅を午前9時3分に出発する新幹線で向かう。

 学校から東京駅までは貸し切りバスを手配していたが、予定していた7時15分になっても来ない。

 バス会社に電話すると「今日、そんな予約はありませんよ」と言われた。

 室田さんが日程を間違えて依頼し、前日の確認も怠っていたのだ。

 教師や生徒、保護者たちは一様に「えっ、大丈夫なの?」という表情。

 なんで、たった1本の電話を怠ってしまったんだろうか。今すぐ、この場から逃げ出したい。

 電車に乗って東京駅に向かおうにも、通勤ラッシュの時間帯だ。

 生徒と先生、合わせて200人以上もいるというのに。

 「大変申し訳ありませんが…

この記事は有料会員記事です。残り1229文字有料会員になると続きをお読みいただけます。