市長に600万円、贈賄側に有罪 沖縄・宮古島の自衛隊配備めぐり

寺本大蔵
[PR]

 沖縄県宮古島市への陸上自衛隊配備をめぐる汚職事件で、前宮古島市長の下地敏彦被告(75)=収賄罪で起訴=に現金600万円を渡したとして、贈賄罪に問われたゴルフ場経営の「千代田カントリークラブ(CC)」元役員、下地藤康被告(65)に対する判決が22日、那覇地裁であった。大橋弘治裁判長は、懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑懲役1年6カ月)を言い渡した。検察側、被告側いずれも控訴しない方針。

 大橋裁判長は「賄賂の現金を捻出するため、裏金作りをするなど自発的、能動的に犯行に及んだ。多額の現金を渡して市長の職務の公正を害し、市民の信頼を損なわせた」と指摘。一方「事実を認めて反省している」とも述べた。

 判決によると、下地藤康被告は2018年5月24日、CC所有の土地を陸自駐屯地用地として国に売却できるようにするなど便宜を図ってもらった見返りとして、当時市長だった下地敏彦被告に東京都内で現金600万円を渡した。(寺本大蔵)