法令・社内規定違反64件、かんぽ・ゆうちょで昨秋以降

[PR]

 日本郵政グループは22日の外部有識者委員会で、かんぽ生命やゆうちょ銀行の法令・社内規定違反が昨年10月~今年8月に計64件あったと明らかにした。保険や投信の不正な販売が相次いで発覚した後、昨年10月から信頼回復に向けた活動に取り組んできたが、外部有識者委はコンプライアンス順守について「いまだ道半ばと評価せざるを得ない」と指摘した。64件の違反のうち27件はかんぽ生命で、顧客の意向把握ができていない事案など2件は法令違反にあたるとした。ほかに郵便局長の横領や詐取など11件の法令違反、投資信託の販売などで26件の社内規定違反があったという。