立憲、党職員を「迷惑行為」で停職1カ月 枝野氏、詳細語らず

立憲

[PR]

 立憲民主党は21日夜、党職員が迷惑行為をしたとして、1カ月の停職処分と自宅待機を指示したと発表した。処分は21日付。枝野幸男代表は22日、記者団に説明を求められた際、「報告を受けていないのでわからない」などとして詳細を明らかにしなかった。

 同党によると、職員は18日、酒に酔って迷惑行為をした。職員は行為を認めているという。福山哲郎幹事長が職員本人から話を聞き、厳しく叱責(しっせき)したという。

 枝野氏は職員の性別について聞かれても、「今、男性か女性かと分ける時代ではない」として答えず、年齢や迷惑行為の詳細、逮捕されたのかどうかについても説明を避けた。「被害者のプライバシーの問題(がある)。議員や候補者なら政治家だが、職員は党執行部との関係では労働者だ」などと語り、「捜査機関が最終的にどういう判断をするのかも含め、被害者の意向も含めたうえで、できるだけ詳細に、発表できる段階では発表したい」と述べるにとどめた。