新型コロナ、横浜の10代女性が死亡 ワクチンは1回接種

[PR]

 横浜市は22日、新型コロナウイルスに感染した市内在住の10代女性が死亡したと発表した。神奈川県によると、10代の死亡例は県内で初めて。

 市によると、女性は慢性肺疾患の持病があり、在宅で酸素吸入を行っていた。8月20日に呼吸状態が悪化したことから、市内の病院に入院。翌21日のPCR検査で感染がわかった。その後、徐々に状態が悪化し、9月18日に新型コロナが原因で亡くなった。感染経路は不明。1回目のワクチン接種を受けていたという。

  • commentatorHeader
    磯野真穂
    (人類学者=文化人類学・医療人類学)
    2021年9月22日20時12分 投稿
    【視点】

    厚生労働省が毎月出す人口動態統計速報によると、日本では昨年も今年も、毎月10万人以上の人が亡くなっています(今年の発表は6月まで)。その中でごく僅かな死が選択され、このように記事として掲載されます。そしてタイトルにはそれがどのようであったか