ロシアの元スパイ暗殺未遂事件、英当局3人目の容疑者を特定

ロンドン=金成隆一
[PR]

 英南部ソールズベリーで2018年3月、ロシアの元スパイらが神経剤によって意識不明となった殺人未遂事件で、英警察は21日、3人目の容疑者を特定したと発表した。すでに実行犯と特定されているロシア人の容疑者2人=いずれも出国済み=と同じく、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の所属という。

 英内務省の議会への報告によると、新たに特定されたのはデニス・セルゲーエフ容疑者で、国際刑事警察機構(ICPO)を通じ、国際手配された。事件の2日前の3月2日に英国に入国し、2日後に出国。その間、ロンドン中心部で他の容疑者2人と複数回接触していたという。

 英メディアによると、セルゲーエフ容疑者本人がソールズベリーに行った形跡はなく、事件の指示を出していたとみられる。容疑者3人は現在いずれもロシアにいる模様。ロシア政府は事件への関与を否定し、容疑者の引き渡しに応じていないという。

 事件では、元ロシア軍情報機関大佐のセルゲイ・スクリパリ氏と娘が神経剤で襲われ、一時意識不明の重体となった。現場に駆けつけた警察官1人も一時重体となった。英当局は、容疑者2人が前日に下見をした上、スクリパリ氏の自宅の玄関ドアに神経剤ノビチョクを仕込んだとみている。(ロンドン=金成隆一)