台湾、TPP加盟申請は「日本が議長国だから」 中国の影響は否定

有料会員記事

台北=石田耕一郎
[PR]

 台湾の行政院(内閣)は23日に記者会見を開き、22日に環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を申請した理由について、担当の鄧振中政務委員(閣僚)が「台湾と友好関係にある日本が今年、TPP議長国であることを考慮した」と述べた。中国による加盟申請との関係については、「中国の動きとは関係ない」と強調した。

 鄧氏の説明では、22日にTPPの事務局役を担うニュージーランドに対し、申請文書を送った。鄧氏は「TPPは台湾にとって、世界貿易機関(WTO)加盟に続く最重要の経済協定だ。加盟各国と保ってきた友好関係が、台湾の有する好条件だと考えている」と述べ、加盟に向けて自信を示した。

 TPPには、台湾の蔡英文(ツァイインウェン)政権と対立する中国が16日に加盟申請したと発表。加盟には全加盟国の同意が必要で、中国が先行加盟した場合、台湾は拒まれる可能性が高い。台湾の王美花・経済部長(経済相)は17日、中国の申請に驚きを示し、「台湾はTPP加盟国と共通認識を得た上で申請する。時期は決まっていない」と話していた。

 ただ、鄧氏は23日の会見で…

この記事は有料会員記事です。残り310文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら