• アピタル

ブースター接種、米FDAが承認 65歳以上や医療関係者らが対象

有料会員記事新型コロナウイルス

ワシントン=合田禄
[PR]

 米食品医薬品局(FDA)は22日、ファイザー製の新型コロナウイルスのワクチンについて、免疫を高めるための3回目の追加接種「ブースター」の緊急使用を承認した。2回目の接種から6カ月以上過ぎた人が対象で、65歳以上、または感染しやすい環境にいたり重症化するリスクが高かったりする18歳以上に限定した。

 FDAは今回の判断について、諮問委員会が17日に出した、ブースター接種を2回目の接種から6カ月以上経過した65歳以上や感染リスクが高い人たちに限るとする勧告を踏まえ、最新の研究結果も併せて検討したとしている。

 感染しやすい環境にいる人としては医療関係者や教師、食料品店の従業員、刑務所の職員などが該当する。FDAのジャネット・ウッドコック長官代行は「急速に変化している科学の評価を続け、情報を公開し続ける」との声明を出した。

 米国でのブースター接種をめ…

この記事は有料会員記事です。残り220文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]