埼玉の3団体が全日本へ 西関東吹奏楽コン、無観客で22団体演奏

[PR]

 第27回西関東吹奏楽コンクール(西関東吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)は23日、中学Aの部(50人以下)が新潟県上越市の上越文化会館で行われた。群馬、埼玉、新潟、山梨の4県の代表計22団体が出場、新型コロナ感染対策のため、無観客のなかステージで演奏を披露した。

 審査の結果、飯能市立加治、越谷市立大相模、朝霞市立朝霞第一(いずれも埼玉)が、10月23日に名古屋市で行われる全日本吹奏楽コンクールに西関東代表として推薦された。

 24日は高校Aの部が無観客で開かれ、有料ネット配信がある。配信は、ライブと10月2日(土)の録画配信の両方を視聴でき1500円。詳細は専用サイト(http://t.asahi.com/nksuisogaku別ウインドウで開きます)へ。

 結果は以下の通り(演奏順、◎は西関東代表)。

《金賞》川口市立上青木(埼玉)、◎飯能市立加治(埼玉)、妙高市立新井(新潟)、◎越谷市立大相模(埼玉)、◎朝霞市立朝霞第一(埼玉)、坂戸市千代田埼玉)、久喜市立鷲宮東(埼玉)

《銀賞》さいたま市立日進、長岡市立宮内(新潟)、吉岡町立吉岡(群馬)、高崎市立塚沢(群馬)、坂戸市立坂戸(埼玉)、さいたま市立宮原、伊勢崎市立第一(群馬)、伊勢崎市立宮郷(群馬)、新潟市立鳥屋野

《銅賞》昭和町立押原(山梨)、長岡市立東北(新潟)、中央市立玉穂(山梨)、伊勢崎市立第三(群馬)、新潟市立上山、南アルプス市立櫛形(山梨)