EU、「タイプC」を充電ケーブルの標準に スマホ互換性高める方針

ブリュッセル=青田秀樹
[PR]

 欧州連合(EU)は23日、スマートフォンのブランドや機種ごとにばらばらな充電システムを統一する方針を発表した。「USB―C」と呼ばれるタイプにそろえる。消費者の利便性を向上させ、廃棄物の削減にもつなげる狙いだ。

 EUの行政を担う欧州委員会が、法改正案として発表した。スマホだけでなくタブレット端末、携帯型ゲーム機、デジタルカメラなどにも適用し、端末の充電ケーブル差し込み口を標準化することで互換性を持たせる。また、製品と充電器のセット販売を認めつつも、製品だけの販売もメーカー側に義務づける。欧州議会での議論を経て法制化した後、EU加盟国での手続きや移行期間に2年ほどかかる見通しだという。

 欧州委によると、EU内では1人あたり3台ほどの充電器を持っているものの、日常的に使っているのは2台にとどまっている。一連の措置で、年2億5千万ユーロ(約325億円)の節約効果が期待でき、廃棄物を1千トン減らせると試算している。

 独自規格の端子「ライトニング」を「iPhone(アイフォーン)」などに使ってきた米アップルに対し、EUの規制は大きな影響を及ぼしそうだ。欧州委は「消費者は互換性のない充電器に不満を抱き続けていた」と指摘し、メーカー側に対応を促す考えだが、アップルは「たった一つの方式の端子の採用を強いる規制はイノベーションを阻害し、消費者に悪影響が及ぶと懸念している」との声明を出した。(ブリュッセル=青田秀樹)