14年前の強盗強姦容疑で逮捕 時効まで1年、別の事件から関与浮上

[PR]

 14年前、女性から現金を奪って性的暴行を加えたとして、兵庫県警は23日、兵庫県姫路市打越の会社員、大塚修一容疑者(56)を強盗強姦(ごうかん)容疑で逮捕し、発表した。強盗強姦罪の公訴時効(15年)まで1年を切っていた。「全く覚えがない」と容疑を否認しているという。

 捜査1課によると、大塚容疑者は2007年7月6日午前2時20分ごろ、同県加東市内の女性方に侵入し、刃物で脅して現金約4万4千円を奪ったうえ、強姦した疑いがある。

 大塚容疑者は今年7月、別の事件の窃盗容疑で岡山県警に逮捕・起訴された。14年前の現場の遺留物が本人のものと一致した、と同課は説明している。