私の「耳」は音声認識アプリ 元「筆談ホステス」の都議、議会変えた

有料会員記事

軽部理人
[PR]

 「耳が聞こえないからこそ、聞こえる声がある」。そう訴えて東京都議選で初当選したのが、「筆談ホステス」として知られた斉藤里恵さん(37)=立憲民主党=だ。聴覚に障害がある初めての都議になった斉藤さんが目指す、「誰ひとり取り残さない東京」とは。

 「当事者にしか見ることができない景色があるし、それを抜きにして想像力を膨らませて多様性のある社会づくりをすることは、とても難しいのではないでしょうか」

 斉藤さんが7月の都議選に立候補した原点は、当事者の目線で障害者政策を進めたいとの思いだ。

 青森県で生まれ育った斉藤さんは1歳10カ月で髄膜炎にかかり、聴力を失った。2007年に上京して銀座の高級クラブで働き始めると、筆談を使った接客が話題に。09年に出版した「筆談ホステス」はベストセラーとなり、ドラマ化もされた。

 そんな斉藤さんの人生を大きく変えたのは、15年に挑んだ北区議選。政治家としての歩みの一歩だった。

 初当選を果たすと、障害者政…

この記事は有料会員記事です。残り1702文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら