バイト生活→プロ野球→医学生 29歳が歩む「まだできる」の人生

[PR]

 寺田光輝さん(29)は三重県伊勢市で育った。中学でも高校でも野球部に入った。右投げの投手。レギュラーの経験は記憶にない。

 それでも、プロ野球選手になりたかった。

スポーツPlus

スポーツPlusはオリジナル記事を有料会員の方にメールで先行配信するニュースレターです。今回は9月28日配信分をWEB版でお届けします。

 一度は地元の大学へ進んだが、3カ月で中退した。地元のスーパーで総菜づくりなどのアルバイトをしながら、1人でトレーニングを続けた。

 中日ドラゴンズで活躍した中継ぎ右腕の浅尾拓也さんが好きで、投球フォームや練習方法を採り入れた。

 ある日、筑波大へ進んだ高校時代の後輩とキャッチボールをしていて、言われた。

 「球、速くなりましたね。今の筑波大でも、2、3番目に入ると思います」

 筑波大は首都大学リーグの1部に所属する強豪校だ。過去にプロ野球からドラフト指名された選手もいる。

 「受けるだけ、受けてみるか」

 思い立って体育専門学群を受験し、合格。20歳の春だった。

 筑波大では、入部早々に「中継ぎ」を命じられた。

 短い回で力を出し切るため、20メートルの全力疾走を20本繰り返すなど、瞬発力を高める練習を1人で考え、取り組んだ。4年生のころには1軍の試合でベンチ入りできるようになった。

 ただ、このレベルでは、プロ野球から声がかかるはずもなかった。就職活動し、地元の銀行から内定をもらった。

 そんなとき、筑波大の指導者…

この記事は有料会員記事です。残り861文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
スポーツPlus

スポーツPlus

競技に生きる、そこに生きた、それを支えた人たちの、勝ち負けだけじゃない物語を描きます。ニュースレター「スポーツPlus」は、有料会員の方に毎週お届けします。[記事一覧へ]