米監督メルビン・ピーブルズさん死去「黒人映画のゴッドファーザー」

 米国の脚本家映画監督のメルビン・バン・ピーブルズさんが21日、自宅で死去した。89歳だった。家族が声明で明らかにした。「現代黒人映画のゴッドファーザー」と呼ばれ、監督・出演した「スウィート・スウィートバック」(1971年)は後続の黒人の映画関係者に大きな影響を与えた。

 32年、シカゴ生まれ。空軍勤務などを経て脚本家映画監督などとして活動した。「スウィート・スウィートバック」は、人種差別主義者の警察官2人を殺害するに至ったショー男優を主人公にした低予算映画。「ブラックスプロイテーション」というジャンルの先駆をなし、スパイク・リーさんら次世代の制作者を刺激した。(ワシントン=AFP時事)