「琵琶湖と瓜二つ」 ある国のつぶやきから始まった 思わぬ交流

有料会員記事

筒井次郎
[PR]

 「琵琶湖とオーストリアは瓜(うり)二つ」。中欧オーストリアの政府観光局(東京)がツイッターに投稿した一文に、いつも以上に多くの好意的なコメントが寄せられた。琵琶湖の地元、滋賀県も反応し、思わぬ進展をみせている。

 8月6日。東京・日本橋にある滋賀の情報発信拠点「ここ滋賀」に、政府観光局の職員が招待された。

 富家(ふけ)信次・県東京本部長からオーストリア側に手渡されたのは、自転車に乗るたぬきをかたどった信楽焼の置物だ。

■なぜ滋賀県がお祝いするのか…

この記事は有料会員記事です。残り846文字有料会員になると続きをお読みいただけます。