• アピタル

アストラゼネカの集団接種、新規は来月終了 大阪市長「ニーズ低い」

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスワクチンの集団接種について、大阪市は24日、英アストラゼネカ社製の1回目接種を10月10日で終了すると発表した。予約率が1割未満で低調なことが理由だという。松井一郎市長は同日、「アストラゼネカはニーズが低い。せっかく用意しているマンパワーがもったいない」と記者団に語った。

 市は8月23日にアストラゼネカ社製を使った集団接種を大阪城ホール(同市中央区)内の城見ホールで始め、同月30日に大阪シティエアターミナル(OCAT、同市浪速区)を追加した。

 市保健所によると、9月中旬ごろから予約枠が埋まらなくなった。9月27日~10月3日の予約率は、どちらの会場も1割未満にとどまる。

 城見ホールは10月3日、OCATは同月10日で1回目の接種を終える。2回目は、1回目と同じ会場で受けられる。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]