ホンダ、グーグルの音声操作機能や地図搭載へ 進む車のスマホ化

会員記事

神山純一、福田直之
[PR]

 ホンダは24日、米IT大手グーグルの音声操作機能などを、2022年後半に北米で発売する車からシステムに導入していくと発表した。グーグルスマートフォン向け基本ソフト(OS)をもとに様々な機能が使えるようになり、「車のスマホ化」が進みそうだ。

 グーグルアシスタントを使えば、ドライバーが前方から目をそらさず声だけで操作できる。空調の温度調節、窓の開閉などもできるように検討する。

 システムにはグーグルマップも搭載され、カーナビとして使える。アプリ配信サービスのグーグルプレイを通じて、多くのスマホ向けアプリも利用できる。

 ホンダは新たなサービスを北米から世界中に広げてゆく方針だ。日本国内にも段階的に導入されるとみられる。

■IT大手との提携相次ぐ…

この記事は会員記事です。残り503文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら