女子の合格最低点、男子より122点高い学校も 今春の都立高入試

有料会員記事

三島あずさ、阿部朋美、編集委員・宮坂麻子
[PR]

 東京都教育委員会は24日、都立高校入試の男女別定員制度を廃止し、段階的に男女合同定員にしていくと決めた。現行制度では同じ学校なのに男女で合格ラインが異なり、都教委の分析では、いまの1年生を選抜した2021年度入試では女子約700人、男子約100人が、合同定員であれば合格だったのに不合格となっていた。

不合格の女子700人、男女合同定員なら合格だった

 都道府県立高校で定員を男女別にしているのは、全国で東京都だけ。都教委によると、21年度入試では、全日制普通科110校で男女別定員となっている。

 これまでも男女別定員の廃止を求める声はあり、都の検討委員会は1990年に撤廃を提言。98年度からは一部の学校で、定員の9割を男女別の成績順で決め、残り1割を男女合同の成績順で決める「緩和措置」を導入していた。

男女別定員110校のうち、女子の方が合格最低点が高かった学校数は

 しかし、今年に入り、男女別…

この記事は有料会員記事です。残り1596文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]