• アピタル

東海3県で210人感染 愛知の新規陽性者数「ステージ3」に下がる

新型コロナウイルス

[PR]

 東海3県では24日、計210人の新型コロナウイルス感染が発表された。

 愛知県では173人が確認され、うち名古屋市は89人。過去7日間平均の新規陽性者数はこの日までで254・1人となり、ステージ4(感染爆発)の基準を下回り、ステージ3(感染急増)になった。

 23日夜時点の入院者は593人(病床使用率33・9%)で重症者は57人(同31・1%)。入院者、重症者はともにステージ3だ。

 大村秀章知事は24日の記者会見で、30日が期限の緊急事態宣言が解除された場合の対応について「いきなりすべての規制を解除することにはならない。対策を徹底した上で段階を踏んで解除することが必要」と述べ、解除後は市町村ごとに新規陽性者数で飲食店への規制の内容を判断する考えを示した。

 岐阜県では10歳未満から70代までの25人の感染を確認。新規感染者が30人を下回るのは8月2日以来だ。県内の感染者は延べ1万8185人となった。

 県と岐阜市は新たに7件のクラスター(感染者集団)を認定した。恵那市岐南町養老町愛知県の各職場で職員や家族らの感染が確認された。

 各務原市では家族5人が陽性となり、このうち1人が通う市立那加第一小学校でも、同じクラスや放課後児童クラブの児童7人、家族4人の感染が確認された。

 岐阜市の診療所では医療従事者3人と通院患者1人、家族1人の感染が判明。医療従事者と通院患者はワクチン接種を済ませていたという。

 岐阜市の職場のクラスターでは新たに職員1人の感染がわかり、感染者は職員41人、家族や友人ら19人に広がった。

 三重県では20代から90代の12人が感染したと発表された。

 県と四日市市によると、12人のうち6人は詳しい感染経路が分かっていない。年齢別では、30代以下が5人だった。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]