茂木外相、北方領土の特区「相いれない」立場訴え ロシア外相に

相原亮
[PR]

 訪米中の茂木敏充外相は23日昼(日本時間未明)、ロシアのラブロフ外相と会談した。日本外務省の発表によると、両氏は平和条約交渉や北方四島の共同経済活動などを議論。「日ロ関係全体の発展に向け、今後も議論を継続していく」ことで一致した。

 発表によると、茂木氏は「平和条約締結問題を含め、幅広く日ロ関係全体を互恵的に進展させていく考えだ」と発言した。

 一方、ロシアのプーチン大統領が打ち出した北方領土経済特区を創設する構想も議題になったが、「日本の立場と相いれない」との政府の認識を改めて示したという。

 この構想をめぐっては、ロシアの法令に基づく点や第三国に参加を呼びかけている点から、日本政府は「遺憾」としている。会談後、茂木氏はオンライン会見で「日本側の立場は改めて伝えた。共同経済活動については、首脳間で互いの法的な立場を害さない形で進めることを確認している。そういった形で進めたいとラブロフ外相に申し上げた」と述べた。(相原亮)