都立高の入試、中学英語スピーキングテストを活用へ 23年度から

池上桃子
[PR]

 東京都教育委員会は24日、都独自で実施している「中学校英語スピーキングテスト」について、都立高校の入試に活用することを決めた。学力検査(700点満点)と内申点(300点満点)に、テストの結果(20点満点)を加点して合否を判断する。英語を話す能力を重視するのが狙いで、2023年度入試から活用を始める。

 「中学校英語スピーキングテスト」は、英語で質問に答えたり自分の意見を述べたりする問題が出題されている。

 23年度以降、都立高校の入試では、A~Fの6段階で示されたスピーキングテスト結果を20点満点に換算。学力検査の点数や内申点と合算し、総合得点で合否を決める。スピーキングテストを受けなかった場合は、学力検査の英語の点数をもとに評価を算出するという。(池上桃子)