自宅の冷蔵庫に乳児を遺棄した疑いで夫婦を逮捕 夫「俺が指示した」

[PR]

 自宅の冷蔵庫に乳児の遺体を遺棄したとして、香川県警は24日、丸亀市に住む建設業の男(25)と会社員の妻(22)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。男は「おれが指示しておれがやった」。妻は「間違いありません」と、それぞれ容疑を認めているという。

 丸亀署によると、2人は22日ごろ、自宅の冷蔵庫に、遺体を袋に入れた状態で遺棄した疑いがある。性別は不明。24日に県の児童相談所から「流産した乳児を自宅の冷蔵庫に入れている家庭がある」と警察に通報があり発覚した。県警は今後、司法解剖し、死亡や遺棄に至った経緯についても調べる。