藤井聡太三冠が千田翔太七段を破り、初の4強に 将棋日本シリーズ

村上耕司
[PR]

 将棋の藤井聡太三冠(19)=王位・叡王・棋聖=が25日、東京都渋谷区で第42回将棋日本シリーズJTプロ公式戦の初戦となる2回戦で、千田翔太七段(27)に113手で勝ち、この棋戦で初のベスト4入りを決めた。準決勝は永瀬拓矢王座(29)と対戦する。

 藤井三冠の先手で相懸かりの出だしから角換わり模様に進行。藤井三冠が仕掛け、終盤に挟撃態勢を築いて寄せきった。藤井三冠は「途中は攻めが細いかなというところがあったが、最後は攻めがつながる形になった」と話した。

 ベスト4には他に渡辺明名人(37)=棋王・王将と合わせ三冠=と前回覇者の豊島将之竜王(31)も勝ち上がり、現在のタイトル保持者全員がそろった。藤井三冠は「注目していただけることになるので、準決勝も精いっぱい頑張りたいと思う」と話した。

 同棋戦はタイトル保持者や賞金ランキング上位のトップ棋士12人が出場する早指しのトーナメント。藤井三冠は3年連続3回目の出場で、前々回は1回戦で三浦弘行九段(47)に敗れ、前回は1回戦で勝ったものの、2回戦で豊島将之竜王(31)に敗れた。今回はタイトル保持者としてシードされ、2回戦から出場した。

 同棋戦は毎局、公開で行われるが、この日の対局は新型コロナウイルス感染拡大の影響で公開対局は取りやめ、無観客で行われた。村上耕司