ヨシとジョー、最後の会談10分 首相に米大統領「退任後も助言を」

会員記事

ワシントン=戸田政考
[PR]

 日米豪印4カ国(クアッド)首脳会談のため訪米した菅義偉首相は24日午後(日本時間25日朝)、米首都ワシントンのホワイトハウスでバイデン米大統領と会談した。菅首相は2人の間柄を「ヨシ」「ジョー」と呼び合う仲とするが、退陣を間近に控えた首相に用意された会談時間はわずか10分間。妻ジル氏同席だった。

 約2時間にわたったクアッド首脳会談後、両首脳はホワイトハウスの別室に移り、菅首相とバイデン夫妻で「懇談」した。

 日本政府の説明によると、ジル氏は公務を繰り上げて600キロ以上離れた米デトロイトから駆けつけ、冒頭から同席。東京五輪の開会式に出席した際の菅首相夫妻のもてなしに謝意を示した。バイデン氏は「(首相は)非常に大きな存在。さびしくなる。退任後も助言を求めたい」と語った。これに対し、菅首相は友情への感謝とともに「今後も日米同盟の重要性に変わりはない」との考えを伝えたという。

 日本側は「他の首脳にはない…

この記事は会員記事です。残り247文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら