コスモス見ごろ 台風にも負けず 熊本・西原村

屋代良樹
[PR]

 熊本県西原村の俵山交流館「萌の里」で、色鮮やかなコスモスが見ごろを迎えている。晴天に恵まれた25日、家族連れら多くの行楽客が訪れ、芝生やベンチから花を眺めながらピクニックを楽しんだ。

 俵山(1095メートル)のふもとにある萌の里のコスモス畑は約2ヘクタール。ピンクや白など100万本以上が植えられている。周辺は緑に囲まれた緩やかな丘が広がっており、様々な角度から花をめでることができる。

 萌の里の事務局によると、今年は約1週間の早咲きで8月下旬に見ごろになった。しかし、9月中旬の台風14号の影響で折れてしまった花も多いという。畑の担当者は種を2回に分けてまいており、10月中旬に再び満開を迎えるという。

 花を観賞するため家族3人と愛犬2匹で訪れた上天草市の浜辺明任さん(76)は、コスモス畑と俵山を背景に家族写真を撮った。「台風で少し散ってしまったのが残念だけど、十分きれい。満開のときにまた家族と来たい」と話した。(屋代良樹)