107歳姉妹、「最高齢の双子」とギネス認定 きんさんぎんさん超え

紙谷あかり
[PR]

 ギネスワールドレコーズジャパンは敬老の日の20日、1日に107歳300日を迎えた香川県小豆島在住の炭山ウメノさんと、大分県在住の児玉コウメさんの双子姉妹を「史上最高齢の一卵性双生児」と「存命中の最高齢の一卵性双生児」に認定したと発表した。

 1990年代に双子の長寿姉妹として親しまれた「きんさん、ぎんさん」の成田きんさんと蟹江ぎんさんの記録だった107歳175日を上回った。

 ウメノさんとコウメさんは1913年11月5日、小豆島で11人兄弟の3番目(長女)と4番目(次女)として生まれた。ギネス社によると、2人とも社交的で明るい人柄で、年を重ねる中で「きんさん、ぎんさん」を目標にしたいと話していたという。

 ギネス世界記録の認定証はコロナ禍のため、2人に郵送された。ウメノさんは認定証を受け取った際、涙を流して喜んだという。(紙谷あかり)