北朝鮮の金与正氏、南北首脳会談の可能性に言及 「相互尊重」なら

ソウル=神谷毅
[PR]

 北朝鮮金正恩(キムジョンウン)総書記の実妹、金与正(キムヨジョン)朝鮮労働党副部長は25日、北朝鮮と韓国の間で「相互尊重」の姿勢が維持されるなら、「終戦宣言はもちろん、北南共同連絡事務所の再設置、北南首脳の対面のような関係改善も、早期に有意義に解決できる」との談話を出した。朝鮮中央通信が同日、報じた。

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が国連総会で改めて提案した朝鮮戦争の終戦宣言について、与正氏は24日の談話で「興味ある提案で、良い発想だ」と言及していた。

 25日の談話では、これに対する韓国の反応について「停滞した北南関係を一日も早く回復し、安定をもたらそうとする南朝鮮(韓国)の雰囲気に強い印象を持った。我々の願いも同じだ」と指摘。「いま北と南は互いに舌戦を行い、時間を浪費する必要がない」と呼びかけた。

 一方で与正氏は、米国や韓国が北朝鮮の弾道ミサイル発射などについては「挑発」としながら、自分たちの軍備増強は抑止力とする「二重基準」は、「非論理的で幼稚な主張で、自主権に対する露骨な挑戦だ」と非難。「もう一度明確に言うが、二重基準は絶対に認められない」と強調した。

 与正氏の二つの談話には、関係改善の呼びかけとも取れる内容と、二重基準の非難という硬軟を織り交ぜたメッセージが盛り込まれている。二重基準の撤回要求という形で、米韓合同軍事演習や米国の軍事力の展開を批判しつつ、撤回されないなら北朝鮮の核ミサイル開発にも正当性があるという主張を固めようとの意図があるようだ。

 一方、25日の談話では北朝鮮が爆破した南北連絡事務所の再設置や首脳会談にまで言及した。南北の間で親書交換など水面下で協議が行われているものの、望むような条件が満たされないため北朝鮮が韓国に納得できる動きを見せよとメッセージを送っているとの見方もある。(ソウル=神谷毅)