• アピタル

臨時の医療施設スタッフは「輪番で」 コロナ第6波に向け田村厚労相

会員記事

田伏潤
[PR]

 新型コロナウイルスの次の感染拡大期に備え、田村憲久厚生労働相は26日、臨時の医療施設を担う医療従事者は、複数の病院から派遣してもらう輪番制としたい考えを示した。特定の病院だけで担えば対応に限りがあり、臨時の医療施設を増やすのは困難なためとした。

 NHKの「日曜討論」で明らかにした。田村氏は「酸素吸引を受ける方々を臨時の医療施設で効率的に診ていくときに、一つの医療機関だけでは難しい」と指摘。入院待機ステーションや酸素ステーションといった臨時の医療施設は、輪番制での対応を求める考えを示した。

 自宅療養中の感染者への対応については「医療につながることが重要。地域の医師会などと対応しながらいろんな体制を組んでいく」と述べ、開業医らに対応を求めていく方針を示した。

 こうした方針の背景には病床…

この記事は会員記事です。残り219文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら