総裁選で誰を支持?自民県連の幹部に調査 安倍・菅路線への評価一変

会員記事自民党総裁選2021自民

[PR]

 29日投開票の自民党総裁選は、河野太郎行政改革相(58)と岸田文雄政調会長(64)、高市早苗総務相(60)、野田聖子幹事長代行(61)の4氏が政策論争を繰り広げている。朝日新聞は自民党総裁選が17日に告示された後、同党の47都道府県連の幹部(原則は幹事長)を対象にアンケートを実施した。

 11県の幹部が総裁選でどの候補者を支持するかを明らかにした。岩手、山形、栃木、石川、山梨、広島、香川、福岡の8県が岸田文雄政調会長。青森、鳥取の2県が河野太郎行政改革相。長野が高市早苗総務相野田聖子幹事長代行の名前を挙げる都道府県連はなかった。

 新総裁に「安定感」と「刷新感」のどちらを求めるかを尋ねると、「安定感」が21府県で、「刷新感」の9府県を上回った。

 「コロナで社会が揺れる中…

この記事は会員記事です。残り1120文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら