富士山、改めて「初冠雪」  気象台が2度目の発表

[PR]

 甲府地方気象台は26日、富士山が初冠雪したと発表した。今月7日にいったん初冠雪を発表していたが、その後、初冠雪の基準を満たさなくなり、今回改めて発表した。

 富士山では、山頂付近でその年の日平均気温の最高値を記録した日以降に、同気象台(甲府市)から目視で冠雪を観測できたときに初冠雪と認定される。

 今年は8月4日に山頂付近で日平均気温の9・2度を観測。9月7日に職員が冠雪を確認し、初冠雪として発表した。だが、20日に日平均気温が10・3度まで上がり、最高値を更新したため、気象台は初冠雪を発表しなおすと決めていた。

 2度目の発表となった26日は、午後4時過ぎに気象台の職員が目視で冠雪を確認した。平年より6日早く、昨年より2日早い初冠雪の観測となった。