阪神タイガース2軍、一足先にV 1軍からのオーダーは「足と守備」

会員記事KANSAI

内田快
[PR]

 1軍より一足早く、阪神の2軍が栄冠に輝いた。ウエスタン・リーグを制するのは3年ぶり17度目のことだ。2軍監督の経験もある矢野燿大(あきひろ)監督は「ファームは勝つことだけが目的ではない」と言う。では、2軍の役割とは――。

2軍で結果出せば

 24日のオリックス戦(甲子園)に勝って優勝を決めた平田勝男2軍監督は、「今、1軍がすごく使ってくれるでしょ。ファームで成績を残している選手を。だからすごい競争意識があるのよ」。優勝の要因をそう解説した。

 ウエスタン・リーグで打率1位の小野寺暖は1軍で8試合に先発した。10勝の新人・村上頌樹(しょうき)(東洋大)も1軍で2試合、結果は残せなかったものの先発マウンドを任された。矢野監督が若手起用に積極的なこともあり、2軍で結果さえ残せば、と士気が上がっている。

1軍の需要とは

 1軍からは「足が速い選手…

この記事は会員記事です。残り566文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。
#KANSAI

#KANSAI

近畿の魅力を再発見する新企画。社会・経済から文化・スポーツまで、地元愛あふれるコンテンツをお届けします。[記事一覧へ]