ドイツ総選挙、社民党が第1党へ メルケル後継与党は過去最低得票率

会員記事

ベルリン=野島淳
[PR]

 ドイツ総選挙(連邦議会、基本定数598、任期4年)は26日投開票され、中道左派社会民主党(SPD)が第1党になる見込みだ。引退するメルケル首相後継のラシェット氏が率いる中道右派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)は過去最低の得票率で第2党となる見通し。差はわずかで、それぞれが他党との連立交渉に入る。

 選挙管理委員会が発表した日本時間27日午前11時時点の開票状況によると、SPDの得票率は2017年の前回総選挙から約5ポイント伸ばし、25・8%となった。CDU・CSUは24・1%で、前回比で約9ポイント落ちた。同党が第2党になるのは02年選挙以来となる。

 SPDの首相候補のショルツ副首相は同日、支持者らに対し「選挙結果には満足で大成功だ。市民がSPDに投票したのは次の首相がショルツであってほしいからだ」と述べた。ラシェット氏は「満足はできないが、我々が主導する政府をつくるためにあらゆる努力をする」と語った。

他勢力も拮抗、連立交渉には時間

 このほか、環境政党の緑の党

この記事は会員記事です。残り244文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら