• アピタル

コロナ軽症用二つ目の治療薬「ソトロビマブ」を特例承認 厚労省

市野塊
[PR]

 厚生労働省は27日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として点滴薬「ソトロビマブ」の国内での製造販売を特例承認した。対象は高齢者や基礎疾患があるなど重症化のリスクが高い、酸素投与を必要としない軽症や中等症の入院患者。軽症者にも使える薬は抗体カクテル療法の「ロナプリーブ」に続き二つ目になる。

 英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が開発した。ロナプリーブと同様にウイルスが細胞に感染するのを妨げる中和抗体を使うが、2種類の中和抗体を混ぜるロナプリーブと異なり、使う中和抗体は1種類。GSKが今月6日に承認申請し、厚労省の専門家部会が海外で実施した臨床試験(治験)のデータをもとに判断した。

 GSKによると、海外の治験では、この薬を使った人は、偽薬を使った人と比べて、投与から29日目までに死亡や入院が79%少なくなったという。すでに米国では5月から治療に使われている。

 軽症者が使える治療薬はこれまでロナプリーブしかなかった。供給量に限りがあるなか、ソトロビマブも使えるようになり、重症者をさらに減らせる可能性がある。ソトロビマブは使用対象を入院患者に限っているが、厚労省は今後、安全性などを検討し、外来や往診でも使えるようにする見込みだ。

 国内で承認された新型コロナ治療薬はほかに、レムデシビル、デキサメタゾン、バリシチニブがあり、計5種類になった。(市野塊)