偉業に挑むオータニ見届けたい 大リーグ・エンゼルスの本拠地最終戦

会員記事

加藤諒
【動画】本拠地最終戦での大谷翔平登板に沸くエンゼルスタジアム=加藤諒撮影
[PR]

 1918年のベーブ・ルース以来となる「1シーズンでの2桁勝利と2桁本塁打」を目前にした大リーグ・エンゼルスの大谷翔平が26日(日本時間27日)、マリナーズ戦に「2番・投手」で先発登板した。今季の本拠地最終戦ともあって、スタジアムは試合前からファンの期待に包まれ、開場を待つ100人以上が正面入り口に並んだ。

 グッズの売れ行きも好調だ。球場正面入り口にあるチームストアは、試合開始4時間前から「大谷翔平」の漢字名入りジャージー製作に追われる。平日の試合では約30枚、週末にはさらに多くの漢字名ジャージーを作ってファンの来場を待つという。

 店舗の責任者エリック・ウルスアさんによると、大谷の漢字名ユニホームは今季既に1200枚以上が売れたという。「グッズがこんなに売れるとは想像していなかった。店を訪れる人は一様に新しい大谷関連グッズが無いか聞いてくる」と話した。

 外野コンコースでは、チーム…

この記事は会員記事です。残り355文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら