米演劇トニー賞、1年遅れの授賞式 作品賞に「ムーラン・ルージュ」

会員記事

ニューヨーク=中井大助
[PR]

 米演劇界で最高の栄誉とされる、第74回トニー賞が26日、ニューヨーク(NY)で発表された。ミュージカル部門は「ムーラン・ルージュ」が作品賞など10部門、演劇部門は「ザ・インヘリタンス」が作品賞など4部門を獲得した。トニー賞の授賞式は昨年6月に予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてブロードウェーの全公演が中止された影響で、1年3カ月遅れての開催となった。

 授賞式は2部構成で、大半の賞はストリーミングサービスで中継された、前半の2時間で発表された。テレビ放送された後半は「ブロードウェーが戻ってきた」というタイトルで、作品賞が発表されたほか、新旧ミュージカルの曲目などが上演され、ブロードウェーの「復活」を強くアピールする内容となった。司会のレスリー・オドム・ジュニアは終了時、「ブロードウェーを見に来て!」と訴えた。

 新型コロナの影響を受け、2…

この記事は会員記事です。残り251文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。