17年前の小3女児殺害事件、被告側が無罪主張へ 岡山地裁

会員記事

中村建太
[PR]

 岡山県津山市で2004年、小学3年の女児(当時9)が殺害された事件の裁判員裁判が10月6日、岡山地裁で始まる。殺人など三つの罪で起訴された無職、勝田州彦(くにひこ)被告(42)の弁護人が27日に記者会見を開き、いずれの起訴内容についても無罪を主張する方針を明らかにした。

 事件は04年9月3日に発生。女児が胸や腹を刺されて自宅で倒れているのを家族が見つけ、まもなく死亡が確認された。県警は13年半余りがたった18年5月30日、勝田被告を殺人容疑で逮捕。刑事責任能力の有無や程度を調べる鑑定留置を経て、岡山地検は同11月、殺人などの罪で起訴した。

 起訴状では、勝田被告は04年9月3日午後、女児宅に侵入。女児の首を絞めた際に抵抗されたため、持っていた刃物で胸や腹を多数回刺し、殺害したとされる。地検は被告がわいせつ目的で侵入したとして、強制わいせつ致死罪の成立も主張している。

 被告は県警の逮捕後の取り調…

この記事は会員記事です。残り710文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら