【1日目詳報】攻める名人、しのぐ挑戦者 互いに譲らず 囲碁名人戦

会員記事

尾崎希海 村上耕司 大出公二
【囲碁名人戦バーチャル大盤解説会】山下敬吾九段&林漢傑八段の1日目解説【第46期囲碁名人戦第4局】
[PR]

 井山裕太名人(32)=棋聖・本因坊・碁聖と合わせ四冠=に一力遼天元(24)が挑んでいる第46期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)。第3局は一力挑戦者が大混戦を制し、2勝1敗とシリーズで初めてリードを奪いました。神奈川県箱根町の旅館「強羅環翠楼(ごうらかんすいろう)」を舞台にした第4局の様子を、タイムラインでお伝えします。

写真・図版
封じ手の入った封筒を立会人の山下敬吾九段(右)に渡す一力遼挑戦者=2021年9月28日、神奈川県箱根町、迫和義撮影

気になる封じ手、山下九段・林八段の予想

 立会人の山下敬吾九段と新聞解説の林漢傑八段がユーチューブの「囲碁将棋TV―朝日新聞社―」で1日目を振り返り、封じ手を予想した。

 盤右側の戦いは名人が攻め…

この記事は会員記事です。残り4139文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。