将棋女流棋士の里見香奈・咲紀姉妹、公式戦での初対局は姉の貫禄勝ち

会員記事

佐藤圭司
[PR]

 姉妹2人とも将棋の女流棋士として活躍している里見香奈女流四冠(29)=清麗・女流名人女流王位倉敷藤花=と里見咲紀(さき)女流初段(25)の初めての公式戦が27日、大阪市福島区関西将棋会館で指された。

 女流将棋界に八つあるタイトル戦の一つ、「第15期マイナビ女子オープン」(マイナビ主催)本戦(16人によるトーナメント)の初戦で実現した。2人とも予選を勝ち抜き、本戦入りしていた。

 持ち時間各3時間の対局は午前10時に始まり、午後3時51分に終局。先手になった姉の香奈女流四冠が99手で妹の咲紀女流初段に勝って、8強入りを決めた。

 終局後、姉の香奈女流四冠は…

この記事は会員記事です。残り427文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら