「今期は上を目指す」藤井聡太三冠、王将リーグ初戦で糸谷八段に勝利

佐藤圭司
[PR]

 将棋の藤井聡太三冠(19)=王位・叡王・棋聖=が27日、大阪市福島区関西将棋会館で第71期王将戦毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の挑戦者決定リーグ戦(通称・王将リーグ)の初戦に臨み、糸谷(いとだに)哲郎八段(32)に82手で勝ち、リーグ成績を1勝0敗とした。自身初の王将挑戦に向け、好スタートを切った。敗れた糸谷八段は0勝1敗となった。

 終局後、勝った藤井三冠は「良いスタートが切れた。今期は上を目指す戦いが出来れば」と話した。敗れた糸谷八段は「気を取り直して、一局一局、丁寧に指していこうと思います」と話した。

 王将戦は将棋界に八つあるタイトル戦の一つ。予選を勝ち抜いた3人の棋士とシード棋士4人の合計7人の棋士が総当たりのリーグ戦で、渡辺明王将(37)=名人、棋王と合わせ三冠=への挑戦権を争う。王将とリーグ優勝者による七番勝負は例年1月から3月にかけて行われる。

 今期の王将リーグは藤井三冠、糸谷八段のほか、永瀬拓矢王座(29)、豊島将之竜王(31)、羽生(はぶ)善治九段(51)、広瀬章人(あきひと)八段(34)、近藤誠也七段(25)と強豪がそろった。(佐藤圭司)