• アピタル

空前の流行「第5波」に劇的な変化 行動自粛とワクチン効果

有料会員記事

姫野直行、阿部彰芳
[PR]

 全国で80万人以上が感染した新型コロナウイルス感染症の「第5波」が収まりつつある。人々の行動自粛に加え、ワクチン接種が進んだ効果が大きいとみられる。19都道府県に出ている緊急事態宣言が解除されれば、4月24日以来、約5カ月ぶりに「対象地域なし」となるが、「第6波」を警戒する声が早くも上がっている。

専門家「宣言解除の指標はほとんどクリア」

 新型コロナウイルス感染症の「第5波」が収まりつつある。なぜなのか。

 厚生労働省にコロナ対策を助言する専門家組織は27日、会合を開き、感染や医療の状況は全国的に改善しているとの見方を示した。座長の脇田隆字・国立感染症研究所長は会見で、「宣言解除の指標はほとんどクリアしている」と評価した。ただ、「ワクチン接種がまだ完全に進んでおらず、基本的な感染対策を続けて抑え込むことが大事だ」とも強調した。

 医療現場はどうなっているのか。

 第5波で平成立石病院(東京…

この記事は有料会員記事です。残り1524文字有料会員になると続きをお読みいただけます。