立憲「分配なくして成長なし」 所得税免除や消費減税公約

会員記事2021衆院選立憲

吉川真布
[PR]

 立憲民主党枝野幸男代表は27日、次期衆院選公約の第6弾として経済政策を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大にともなう経済対策として、所得税免除や消費税減税を打ち出している。「分配」を重視し、富裕層への課税強化や労働法制の見直しなどによって格差是正をめざす。

 公約は「分配なくして成長なし! みんなを幸せにする経済政策」と題した。

 コロナの影響を受けた中間層への手当てとして、年収1千万円程度以下の個人には所得税を1年間実質免除し、低所得者には給付金を支給することを掲げた。

 コロナが一定程度収束した回…

この記事は会員記事です。残り690文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]