• アピタル

コロナ「検査キット」、厚労省が薬局販売を解禁 規制緩和に活用も

会員記事

下司佳代子
[PR]

 厚生労働省は27日、医療用として承認した新型コロナウイルスの「抗原検査キット」について、薬局での販売を特例的に解禁した。PCR検査より手軽に使え、短時間で結果も出るため、政府は、飲食規制の緩和などの対象にする「陰性証明」に活用する考えを示している。

 検査キットは自分で鼻の穴を綿棒でぬぐい、試料が入ったチューブに浸し、試料をキットにたらすだけで15~30分で結果が出る。数時間かかり、専門技師や機器も必要なPCR検査より簡便だ。一方、PCR検査が少量のウイルスで検出可能なのに対し、検査キットは一定以上のウイルス量が必要で、正確さはPCR検査に劣る。このため厚労省は、症状のない人の確定診断には推奨していない。

 厚労省は薬局での販売を認めていなかったが、手軽に購入できるよう規制改革推進会議に求められ、方針を変えた。感染していても陰性と示される「偽陰性」が出る場合があり、購入の際に薬剤師が、感染対策を続けることなどを指導するとしている。

 今回、薬局販売の対象になる…

この記事は会員記事です。残り210文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら