虫歯治療の麻酔で2歳児死亡、歯科医師は無罪主張 「予見不可能」 

布田一樹
[PR]

 福岡県春日市の歯科診療所(現在は閉鎖)で2017年、虫歯治療で麻酔を注射された山口叶愛(のあ)ちゃん(当時2)が死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた元院長で歯科医師の高田貴被告(56)の公判が27日、福岡地裁(神原浩裁判長)で始まった。被告は「私には刑事責任はないと考えています」と無罪を主張した。

 起訴状などによると、高田被告は17年7月1日、治療直後の叶愛ちゃんの様子について両親から「顔色が悪い」「目の焦点が合わない」などと繰り返し伝えられたが、疲れて眠っていると考えて全身状態を十分に確認するなどせず、同3日に死亡させたとされる。司法解剖の結果、死因は急性リドカイン(麻酔)中毒による低酸素脳症だった。

 検察側は「小児に対するリドカインの安全性は確立されておらず、治療の予後には十分に注意しなければならないのに、注意義務を怠った」と主張。

 弁護側は、リドカインの投与量は中毒を起こすほどではなく、死因はリドカイン中毒ではない可能性があると反論。さらに、叶愛ちゃんにはリドカイン中毒を疑う客観的な症状はなく、搬送先の病院でも疾患は特定されていないとし、死亡の予見や回避はできなかったと訴えた。

 叶愛ちゃんの両親は代理人弁護士を通じて「最愛の娘の命が奪われた日の出来事は、今でも鮮明に記憶に残っています。今後も、私たちは心を強くし、二度とこのような事件が起きないよう真相の解明を求めていきます」とコメントを出した。

 叶愛ちゃんの両親は、高田被告や治療を担当した別の歯科医師などに計約1億500万円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁に起こしている。(布田一樹)