食料補給は年1回 キャベツにジャガイモ、南極で磨く野菜延命の技

有料会員記事

中山由美
[PR]

 南極・昭和基地への物資補給は年に1回だけ、もちろん食料品もだ。

 キャベツ延命作戦。「通路棟に集合!」。床に座り込み、次々運ばれて来る箱を開けて作業を始める。

 第1弾は2020年2月19日、「キャベツむきとジャガイモの芽取り」だ。キャベツは、外側のよれよれになって黒ずんだ葉をとってきれいにする。ジャガイモは芽がもやしのように、元気いっぱい伸びていた。手でくりくりもげるのでおもしろい。作業に夢中になっていると「由美ねえはさすが『若い芽を摘み取る』のが得意だね」と意味深長な言葉でからかわれた。

 キャベツ延命作戦第2弾は「…

この記事は有料会員記事です。残り772文字有料会員になると続きをお読みいただけます。