宣言解除、経済回復に期待 広がる「ワクチン接種者に特典」の動き

有料会員記事新型コロナウイルス

山下裕志、初見翔
[PR]

 緊急事態宣言の解除後、政府はワクチンの接種証明も活用しながら経済正常化を進める方針だ。外食・旅行業界では、すでに接種者に特典や限定プランを提供する動きが広がっている。接種率アップへの貢献と集客の一石二鳥を図る狙いだが、公平性への配慮も課題になっている。

 ワタミは居酒屋「ミライザカ」「三代目鳥メロ」、「焼肉の和民」など約330店で、ワクチンを2回接種した人に、飲み物1杯を無料にするキャンペーンを6月から始めている。自治体でもらえる接種済み証などを提示した来店客に、飲み物の引き換えカードを渡し、以降の利用時はこのカードを見せてもらう。11月末まで1日1回使える。

 行政の要請で酒を出していない店では、ソフトドリンクを無料にしてきた。要請の対象地域では休業してきた居酒屋も多く、「ワクチンを接種した人は増えており、居酒屋も再開できれば利用者は増えるのではないか」(ワタミ広報)と期待する。

 居酒屋チェーン運営のテンアライドは、東京などに展開する「和食れすとらん天狗」など約30の和食店で、2回接種者を対象に10月末までドリンクバーなどを無料にしている。接種済み証の撮影画像でも受け付けるが、その際は本人確認身分証の提示を求める。「テング酒場」など関東を中心に60店舗以上ある居酒屋でも今後、2回接種者向けの特典を検討する。

 阪急交通社は9月中旬、ワクチン接種者など限定の旅行商品を発売した。2回目の接種から一定期間が過ぎた人や、出発前3日以内にPCR検査で陰性だった人などが参加できる。割引などの特典はないが、参加者同士が互いに一定の安心感をもって旅を楽しめるツアーにすることで、旅行ニーズを喚起したい狙いだ。

割引ツアーも、「Go To」での活用は?

 11、12月出発のツアーが…

この記事は有料会員記事です。残り987文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]