USJに「ドンキーコング」の新エリア 2024年に開業

宮川純一
[PR]

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は28日、任天堂のゲームキャラクターをテーマにしたエリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を拡張し、2024年に「ドンキーコング」をテーマにしたエリアを開業すると発表した。ジェットコースターや飲食ができる施設を新たにもうける予定という。

 ニンテンドーワールドは今年3月に開業し、「マリオ」や「ヨッシー」のアトラクションを導入している。今回はこれに隣接する形で、「ドンキーコングと仲間たちが暮らす緑豊かなジャングル」が広がるエリアができるという。今回の拡張で、ニンテンドーワールドは現在の1・7倍の広さになる。

 USJの運営会社のボニエ社長は「さらなる超興奮体験をお届けできるでしょう。どうぞご期待ください」とコメントし、任天堂の宮本茂代表取締役は「ドンキーコングのちょっとスリリングな体験を準備中です」としている。(宮川純一)