アルペン、辞任した前会長が名誉会長に就任

根本晃
[PR]

 スポーツ用品大手のアルペン(名古屋市)は28日、創業者で前会長の水野泰三氏(72)が、代表権のない取締役名誉会長に同日付で就任したと発表した。就任の理由について、同社の担当者は「経済の環境が変化するなか(前会長のもつ)経験、知識、人脈が当社の発展につながると考えた」と説明した。経営の主体は長男の敦之社長が引き続き担う。

 泰三氏は今年2月、女性とのトラブルで代表取締役会長を辞任していた。この件について担当者は「当事者間で示談が成立し、問題が解決していることを踏まえた」と話した。(根本晃)