第1回批判が上がった異例の立ち会い なぜ白鵬は俵いっぱい下がったのか

有料会員記事

竹園隆浩
写真・図版
今年7月の名古屋場所14日目、大関正代戦で時間いっぱいになり、俵いっぱいに仕切る白鵬
[PR]

 数々の大記録を作った白鵬の強さの一端を象徴するものの、過去の横綱では考えられない奇襲だった。

 最後の本場所となった7月の名古屋場所14日目。全勝の白鵬は、大関正代との一番で俵いっぱいまで下がってからの立ち合いを見せた。意表をつく取り口に議論が巻き起こった。「横綱としてあるまじき行為」「そこまでして勝ちたいか」。角界内外から批判が出た。

 なぜ、あの立ち合いが起こったのか。話は前日から始まる。

 大相撲は対戦相手が前の日に決まる。白鵬は習慣として、本場所からの帰りの車の中で翌日の相手の動画を見て、作戦を練る。

 関係者によると、白鵬は正代…

この記事は有料会員記事です。残り1199文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら