ブラックジャックは「青二才」? 手塚治虫が生んだ脇役たち

有料会員記事

富岡万葉
[PR]

 名探偵のヒゲオヤジ、ギャングが様になるアセチレン・ランプ、黒めがねがトレードマークのロック――。手塚治虫の漫画を彩る脇役たちを、何人ご存じだろうか。宝塚市手塚治虫記念館で開かれている「手塚マンガの名脇役(バイプレイヤー)たち~手塚治虫の『スター・システム』」展には、キャラクター43人が集合している。

 手塚漫画では、同じキャラクターが別の役となって複数の作品に登場する。人気俳優を中心に企画を立てた「スター・システム」と呼ばれるハリウッド映画の手法になぞらえて、手塚が漫画に持ち込んだ。「登場人物に、みなさんが愛着をもってほしかった」と後述している。

 展示は会場を架空のプロダク…

この記事は有料会員記事です。残り533文字有料会員になると続きをお読みいただけます。