ヤキモチ焼きの白鵬、手なずけた章さん 「裸の王様」にしたくない

有料会員記事

鈴木健輔
[PR]

 「遠藤の髪、結ったでしょ?」

 白鵬から追及された床蜂さん(67)は焦った。なんで知っているんだろう?

 2018年のある巡業で、床蜂さんは暇だった。

 力士のマゲを結う床山だが、専属で担当する白鵬がけがで巡業を途中離脱していた。事情を知った幕内遠藤から「結って下さいよ」と頼まれ、応じた。その様子がネット記事になり、白鵬の目に触れたのだ。「俺の頭よりきれいに結ってる」と、横綱はほっぺたを膨らませた。

 「すごいヤキモチでしょ」と床蜂さんが苦笑する。巡業ではよく他の部屋の力士と昼飯を食べていたが、そのたび、若い衆がやってきて「横綱が呼んでいます」と耳打ちした。

 このほど土俵を下りる決断をした白鵬にとって、床蜂さんは本音で話せる数少ない人。マゲを結ってもらう間、人間関係の相談、悩みや愚痴を、背後にいる床蜂さんに打ち明けた。

 床蜂さんの本名は加藤章。相…

この記事は有料会員記事です。残り1045文字有料会員になると続きをお読みいただけます。